MENU

京本大我主演【束の間の一花】ドラマ見逃し配信/公式フル動画を無料視聴する方法!

京本大我主演【束の間の一花】ドラマ見逃し配信/公式フル動画を無料視聴する方法!

2022年10月17日(月)から放送のSixTONESの京本大我さんが連続ドラマ単独初主演を務める『束の間の一花』。

余命宣告をされた2人”束の間”の恋の物語。

こちらの記事では、『束の間の一花』の見逃し動画配信を全話無料で視聴することができる動画配信サイト情報をまとめています。

たいようさん

京本大我さんの初主演作♪
これは見ないと!!

ひまわりくん

この記事ではドラマ「束の間の一花」の公式フル動画を無料で視聴する方法がすぐに分かるよ!

この記事がおすすめな方

  • 「束の間の一花」を見逃してしまった方
  • 「束の間の一花」をもう一度見たい方
  • 「束の間の一花」を無料で公式フル動画を視聴する方法を知りたい方
  • 「束の間の一花」を好きな時間好きな場所でみたい方

束の間の一花の見逃し配信
動画視聴はこちら /

\2週間無料体験 /

初回2週間の無料期間中に解約すれば
解約金などは一切かかりません

目次

『束の間の一花』見逃し配信/公式フル動画を無料で視聴する方法

ドラマ「束の間の一花」の公式フル動画/見逃し配信動画は、Huluで視聴するのがおすすめです!

Huluでは「束の間の一花」を1話〜最新話まで全話フル動画で見逃し配信します!

2週間の無料体験を利用することで束の間の一花を無料で視聴することができます。

それではHuluがおすすめな理由をくわしくご紹介していきます。

『束の間の一花』公式フル動画/見逃し配信の状況

動画配信サービスは、いろいろとありますが、束の間の一花を1話から全話フル視聴できるのはHuluだけです。

スクロールできます
配信サービス配信状況無料お試し期間
Hulu
放送後
見放題配信予定
2週間
Tver
リアルタイム配信
&
放送後
期間限定配信予定
会員登録不要
GYAO!
放送後
期間限定配信予定
会員登録不要
Paravi×定額制
U-NEXT×31日間
dTV×31日間
紹介している作品は、2022年11月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細は各動画配信公式ホームページにてご確認ください。
Huluおすすめポイント

束の間の一花の見逃し配信
動画視聴はこちら /

\2週間無料体験 /

初回2週間の無料期間中に解約すれば
解約金などは一切かかりません

Hulu(フールー)の概要

Huluのサービス概要は次の通り!

項目詳細
月額料金1,026円(税込み)
無料お試し期間2週間
無料お試し期間内の解約可能
見放題作品数7万本以上
動画種類映画、国内・海外ドラマ、バラエティ、アニメ
端末へのダウンロード一部作品のダウンロード、及びオフライン再生が可能
アカウント1 つのアカウントで複数の機器を利用できる
ただし、同時視聴はできない

紹介している作品は、2022年10月時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式ホームページにてご確認ください。

Hulu(フールー)を無料視聴をする方法・手順

STEP
アカウントを新規登録

Hulu⇦リンクをクリック
Hulu登録方法STEP1

メールアドレスを入力し、確認コードを送信するボタンをタップします。

STEP
確認コードを入力

登録したメールアドレスに確認コードが届きます。

4桁の確認コードを入力し、「お客様情報入力へ進む」をタップ

Hulu登録方法STEP2
STEP
お客様情報入力
Hulu登録方法STEP3

入力事項は

  • 名前
  • 性別
  • 生年月日
  • メールアドレス(アカウント登録した時のアドレスが入力されています)
  • パスワード(アルファベットと数字を組み合わせた8文字以上)
  • お支払い方法を選択
  • Huluの規約とプライバシーポリシーに同意するにチェックを入れる

上記項目が入力できたら「2週間の無料トライアルを開始」をタップし、完了です。

束の間の一花の見逃し配信
動画視聴はこちら /

\2週間無料体験 /

初回2週間の無料期間中に解約すれば
解約金などは一切かかりません

ひまわりくん

特に日テレのドラマを良く観る方でオリジナルストーリーも気になると言う方におすすめだよ!

『束の間の一花』の作品概要・放送日はいつから?

シンドラ
『束の間の一花』

2022年10月17日〜
日本テレビ系
毎週月曜日
24:59〜25:29

脚本今井雅子、富安美尋
音楽信澤宣明
監督林雅貴、丸谷俊平
テーマ曲SixTONES
「ふたり」
(Sony Music Labels)
原作タダノなつ
「束の間の一花」
(講談社「Palcy」所載)
関連サイト公式HP>
公式Twitter>
wikipedia>

『束の間の一花』の作品紹介

「俺たちの一生は束の間だ・・・」

余命宣告を受けている「哲学講師」と「生徒」

いつ終わりを迎えるかわからない日々を過ごすふたりの儚くも温かい“束の間”の恋の物語

引用元:https://www.ntv.co.jp/tukanomanoitika/intro/

「束の間の一花」の出演者・キャスト

「束の間の一花」の出演者・キャストをご紹介します。

  • 萬木昭史:京本大我(SixTONES)
  • 千田原一花:藤原さくら
  • 千田原大樹:佐々木大光(7 MEN 侍 / ジャニーズJr.)
  • 千田原一枝:富田靖子
  • 土橋じゅん:駒井蓮
  • 清水かおり:山之内すず
  • 山根恵子:朝加真由美
  • 渋川哲治:きたろう

束の間の一花の見逃し配信
動画視聴はこちら /

\2週間無料体験 /

初回2週間の無料期間中に解約すれば
解約金などは一切かかりません

『束の間の一花』の感想

第1話:10月17日放送の感想・一部ネタバレあり
40代女性

SixTONESの京本大我が主演とのことで、とっても楽しみにしていました。萬木先生の落ち着いた優しい声と笑顔で癒されました。萬木先生の学校の部屋?のことを一花が聖地っていうのがおもしろかったです。原作は読んでいないので、ストーリーは知らないのですが、一花はとても明るいのに病気を抱えていたり、これから萬木先生も余命宣告を受けるとのや事なので、ほんわかした雰囲気は一話だけなのかな?これからどうなるのかな?最初の2人で海に入って行く場面につながっていくのかな?と、いろいろ想像しています。次も観たいと思います。

20代女性

一花の余命が残りわずかっていうこともあってだろうけれども、まだ入学してそんなに月日も経っていないのに、結構先生相手にグイグイ来るのが凄いなって思いました。もちろん余命が残りわずかだったら、後悔するよりもどんどん行ってしまえって感じなんだろうけれども、教授室に入り浸ってトマトをご馳走になるまでになっているコミュ力が素晴らしい。そして京本くんは恐らくはミュージカルの経験が豊富だからだろうけれども、爽やかな表情の演技なのに、セリフが舞台っぽい。

40代男性

主人公の萬木と一花との距離感に注目して見ていました。そんな中で一花は、萬木の事がきっかけで清水と土橋と出会った所が微笑ましいシーンで良かったです。特に萬木の講義を聞いた後の感想を三人で話していた場面が面白かったです。そんな中で一花は、萬木の講師室に行って話していたやり取りは、お互いの距離感が少しずつ近付いて来たのが良く伝わってきました。そして一花は、家族の前で萬木がいてくれるだけで良いと言っていた場面が印象的でした。今回の話は、恋愛と人生を教えてくれるドラマだなと思いました。

40代女性

第一回放送から切なさがほのかに漂う内容に泣くのを堪えていたが最後の主題歌で涙腺崩壊した。歌詞がドラマの主人公であるふたり(萬木と一花)の儚さと希望を歌っていてとてつもなく切ない。 余命幾許もない萬木と一花の何気ないけどささやかな日常が今後も丁寧に描かれていく予感がした初回放送だった。一花が高校生の時に医者から病気のことを説明された際、母に言った「2年あれば大学生になれるね」の一言に彼女の心の強さを感じ、萬木が育てたトマトを一花が食べた時の美味しそうで嬉しそうな顔がとても可愛く印象的だった。トマトがキーワードになって行くのか?と個人的には思っていて、最終的にどう結び付くのかが気になります。

20代女性

大学講師の萬木と生徒の一花が徐々に仲良くなっていくのが見ていてすごくほっこりしました。余命宣告を受けている一花やその家族のキャラクターが明るくてすごく素敵でした。萬木に恋をして一番前で講義を聞いたりしているのがすごく青春だなと思いました。静かに進んでいくストーリーが心地よくて京本大我さんと藤原さくらさんのお芝居も自然でこれから二人が結ばれるのか第2話以降のストーリーもすごく気になる作品だなと思いました。

第2話:10月24日放送の感想・一部ネタバレあり
20代女性

2話目にしてもう萬木先生が大学からいなくなって、だけれども速攻で偶然再会って凄いスピード感だなって思ったけれども、そもそも一花自体に時間が無いんだから、これくらいのスピード感で話が進んでいかないと、色々と間に合わないんでしょうね。そしてそんな余命があとわずかな一花と同じく、萬木先生も余命宣告されていたとは、なんとなく想像していたけれどもやっぱり驚き。残された時間が少ない2人だからこそ、2人の空気感が合うのかなって思います。

40代男性

一花と萬木と距離感が印象的でした。特に萬木が大学を辞めてしまった事から、いつになく元気が無くなっていた一花の姿が気になりました。そして中々探しても見つからなかった萬木と再会したシーンが印象的でした。特に二人で話していた場面は、お互いの知らなかった一面を知る事が出来たのが良かったです。そんな中で萬木が言った余命が近付いていると言う事実には驚かされました。そして一花は、思い切って先生の事が好きだと言ったシーンが凄く良かったです。

30代女性

先生がやめてからも先生の講義を聞いてずっと思いを馳せる一花ちゃんの片思いが切なかったです。人間の死、や恋愛など哲学をテーマにしているからなおさら彼の言葉は一花に響いていくんだろうなと思いました。偶然再会して、先生が実は余命わずか、と言うシーンも苦しかったです。クールに見えても彼なりにつらかったんだろうなというのがうかがえました。2人で雪だるまを作るシーンは何回見ても切ないです。余命わずかでも2人の恋が静かに展開していくのがこれから楽しみです。

40代女性

これまで多くのドラマでは、一度会えなくなった憧れの人とは、なかなか再会できなかったり、すれ違いが続いて、ずっとモヤモヤさせられたりしがちでしたが、千田原一花と萬木昭史は半年ほどかかったものの電車の改札で会うことができたのは良かったです。でも、千田原一花だけでなく、萬木昭史までもが余命宣告を受けたというのは、なんという偶然かと思いましたが、そういうこともあるだろう…とすんなり受け入れられる気持ちになりました。萬木昭史が哲学を教える講師だったということも関係しているのかなと思います。そして、お互いに残された時間が少ないからこそ、相手のことを好きなのに気持ちを伝えられないというもどかしさを抱える時間が少なく、ストレートに気持ちを伝える様子に好感が持てるなと思いました。

60代以上女性

雪だるまを作りながら歌う藤原さくらの声に聞きほれていました。さすがプロの歌手。しゃべるとむしろ低めなのに、歌声は高く伸びやか。やはり声も綺麗で歌の上手い京本大我とのデュエットがぜひ聞きたくなりました。一花が質問すると必ずちゃんと答えが返ってくる。しかも具体例が分かりやすく面白く、もっと聞いてみたくなる。萬木が優秀な教師なのが分かります。それだけに、その命の終わりがもうすぐというのは受け入れがたく辛くてなりません。あと二年と言われた一花。そしてあと6ヶ月と言われた萬木。それで終わるなら本当に束の間の余命の2人。一花の本気の告白は死に向かい合うきっかけになるのか。切なすぎる物語の続きを静かに見つめていきたいと思います。

第3話:10月31日放送の感想・一部ネタバレあり
40代女性

千田原一花の前向きさがとても良いなと思います。それも、自分も余命宣告をされているような状態なのに、「萬木昭史のことを支えていけば、2人でずっと生きていける!」と、これだけポジティブな考えができれば、余命宣告も跳ねのけられるかもしれないと思いました。でも、2人で水族館デートを楽しんだ後に、萬木のほうから「会うのは今日で最後にしよう」と切り出し、確かに普通の大人ならこうするだろうと思いましたが、お互いに余命宣告をされているようなカップルは、なかなかいないと思うので、2人で楽しい時間をできるだけ長く過ごしてほしいと思いました。

40代男性

一花が萬木に告白した事から様々な方向に話が展開したのが印象的でした。そしていつになく萬木の心が揺れ動いていたのが気になりました。そんな中で一花の親友の土橋と清水が一花について話していたやり取りが良かったです。そして一花の方は、萬木を水族館に誘えた事でテンションが高かったのと、萬木の方はあまり元気では無かったのが対照的だなと感じました。今回の話は、一花と萬木がお互いの事を思うからこそ、難しい関係性や距離感だなと見ていて感じました。

20代女性

一花って敢えてなのか忘れているのか分からないけれども、頑なに、自分の余命もあと僅かだって言われていることを先生には言わないんですね。私も束の間しか時間がないから、本当に好きな人と恋がしたいって言えば、先生も一花の気持ちに応えることができそうなのに、そう言わないのは、自分が先生の生きる意味になって、もっと長生きしてほしいとか、色んな思いがあるのかな。それにしても先生があれだけネガティブなのに、一花のポジティブさが凄い。

30代女性

一花が萬木先生との恋の悩みを弟に相談するところがこのドラマらしいなと思いました。病気のこともあるから友達に話をできず、すべてを知っている弟がいるのは一花ちゃんにとって救いなんでしょうね。水族館での2人のデートがとても楽しげなのに萬木先生はやはり苦しそうなのが印象的でした。一花ちゃんも自分の余命のことも言ってしまえば楽になるかもしれないですが、「私も死にます」という一言を言うのが精いっぱいなのがとてもつらかったです。

50代女性

一花は明るいし、積極的に昭史に告白するので、すごく人生に前向きな人だと思いました。また、昭史の方は一花に病気のことで悲しませたくないし、自分と人生を過ごすよりもほかの人と生きてほしいという、優しい人なのだと思います。一花が昭史のそういう優しさに引かれたのかもしれません。私は一花が昭史が病気でつらくても励ますだろうし、明るくしてくれるだろうし、一番よい恋人だと思いました。

第4話:11月7日放送の感想・一部ネタバレあり
20代女性

柿ピー先輩が持ってきた車のハンドルを見て、一度車の運転をしてみたかったと、ドライブごっこを始める一花が面白かったです。まもる君とかちゃんと覚えているし、海がキレイだけじゃなくて、道がでこぼこしているとか、窓から落ちないようにとか、すごくスリルもある楽しいドライブごっこで、本当に楽しそうでした。最後の急ブレーキに、先生も重力合わせていたのが良かった。そして一花の弟くんは、言葉や態度はぶっきらぼうだけど、一花の顔色なんとかしてあげてって、サラッとお母さんに伝えるの優しいですね。

30代女性

一花は、萬木に自分の病気を打ち明けようか悩んでいるのが不思議。なぜ打ち明けようとしないのか。そして、付き合っていないのに、付き合っているかのような空気感がとても素敵で見ていてほのぼのしました。萬木はどういう気持ちで一花と会っているのかなとも思いながら見ていました。萬木も自分がすぐ死が近いからなのか、一花と会っているのも少し罪悪感があるようにも見えました。でもきっと少し気になっているからこそ会っているんだろうなあと。

60代以上女性

いきなり入って来て、勝手に酒盛りを始めるマイペースが楽しい柿ピー先輩。きっと萬木を心配してきたのだろうに、深く追求しないところに思いやりを感じます。先輩を演じる賀屋壮也の自然な芝居も好感度大です。くまを隠すのに時間がかかるほど体調の悪化が顔に出てきた一花。娘の顔を見て心配にならないはずがないのに、穏やかにくま隠しを手伝う母の静かな微笑みに胸を突かれます。表に出さない想いを見ているこちらにちゃんと伝える、さすが名女優・富田靖子です。いつか知る一花の病気を萬木はどのように受け止めるのか、怖く辛い今後です。

30代女性

もう一花に会わないと告げた先生でしたが、もう一度会う約束ができてよかったです。架空のドライブは楽しそうでしたが、ランゲルハンス島、という言葉がこんなに苦しい響きになるとは思いませんでした。先生にとっては自分の病気を自覚する言葉で、一方でリゾートの名称でもあるんですね。脚本が絶妙です。一花ちゃんが普通の女の子みたいに友達と晴れ着を選んでいるシーンはほっとします。プラネタリウムで倒れてしまった一花ちゃんはついに先生に自分の病気を知られてしまうのではないかと心配です。

50代女性

萬木が教え子の一花と会うかどうか迷っている理由は病気が進行しているからだと思いました。萬木はいつ急変してもおかしくなくて、だから育てているトマトも手放そうとしていると思いました。でも、一花は萬木と逆で、限られた時間を精一杯生きていこうとしているのが萬木と対照的でした。しかし、一花もいつか萬木に自分の病気を言わないといけないと思っていると私は推測しました。でも、デートの途中で一花が具合悪くなってしまったのは自分の病気を言おうとしている一花には残念だったのではないかと思いました。

第5話:11月14日放送の感想・一部ネタバレあり
20代女性

弟くんはお姉ちゃんのことをずっと、不器用な言葉を並べながらも心配していたから、一花が具合が悪くなっていくのを見て、先生が悪いんだってなってしまう気持ちも分かるけれど、今までの一花が楽しそうにしていたのは先生に出会えたからなんだから、勝手にあんなこと言っちゃ駄目ですよね。折角先生の気持ちも上向いていたのに、二人とも生きる希望を見失ってしまいそう。それにしても先生が今までの一花との会話を思い出して、全てが繋がってしまうのは、本当に残酷でした。

30代女性

一花ちゃんの体調を気にして次のデートに誘えない萬木先生が切ないです。体調が万全ではないにも関わらず萬木先生に会いに行こうとし、止める弟に対して「家にいたって死ぬんだから」の一言が重たかったです。お母さんも仕事で結婚式のメイクをしながら「娘にメイクしてあげたいです」という言葉も切なくなるシーンでした。弟が倒れた一花の代わりに萬木先生に会いに行き、病気のことを伝えてしまうところはお姉ちゃんのことを心配する弟の気持ちがこもっていたと思います。萬木先生も一花ちゃんの病気を知ってしまい余計に苦しむことになるのではと心配です。

60代以上女性

まるでリンゴの皮むきのように、長く細くミカンの皮をむく一花にビックリ。なんて個性的と思いましたが、それも少しでも長く萬木といたいという願掛けのつもりだったとは。その真っすぐさが切なくてなりません。病院に付き添い、心配しているだろうに穏やかな微笑みを絶やさない母。花嫁の化粧をしながら未来を語る心中を思うと辛くてなりませんでした。出かけようとする姉を必死に止める弟も、家にいても死ぬと言い放つ一花も、誰の気持ちもよく分かる。初めて一花の病気を知り、自分のせいで苦しんでいると言われた萬木はこれからどうするのか。二人のこれからに明るさがあることを願わずにおれません。

20代女性

千田原一花と友人がカフェで恋バナをしているシーンは大学時代を思い出して懐かしくなりました。夏をたくさん楽しもうとワクワクしている感じがかわいらしかったです。萬木昭史が千田原一花の影響で病気が悪化していないけれど、千田原一花は過呼吸になって、なかなかうまく行かない2人が切ないです。千田原一花の弟、千田原大樹は姉思いのいい弟で、姉のことが心配で大好きなのがよくわかります。姉に楽しく過ごして欲しいけれど、体が心配で萬木昭史と会わないで欲しいという葛藤がよく表現されていました。

30代女性

いつもは素っ気ないフリをしている弟の大樹が、本当は一花のことが心配で無理をしてほしくない、1日でも長く生きてほしいと願う気持ちが伝わる話でした。一方で、限られた時間だからこそ一花が全力で萬木先生を想っているんだということを大樹が理解してくれたらいいなと思います。萬木先生にとっても無意識に一花が薬になっていてほっこりしましたが、一花が悪化していく様子が切ないです。萬木先生が一花を想って買った花が、一花の手に渡ることを願います。

第6話:11月21日放送の感想・一部ネタバレあり
30代女性

弟が病院で先生に会い、「姉ちゃんの幸せを奪ってしまったのかもしれない」と泣きながら話すシーンは本当に姉ちゃんのことを大事に思っているんだということが伝わってきます。萬木先生自身も一花ちゃんの病気に気付き、自分が背負ってきた死への恐怖を彼女が抱えていたことを知り、彼女への想いがさらに募ったように思います。先生が一花を病院で思わず後ろから抱きしめるシーンはとても美しくてグッときました。一人で頑張ってきた一花への気持ちが募った証拠なんだろうなと思いました。

50代女性

回を重ねる毎にいろいろ考えちゃってます。弟の気持ちもわかる。2人とも命の期限が見えていると言っても、同時に亡くなるわけではないし、今以上にツラい想いを抱えることになってしまうのではないかな。でも、それ以上に生きている喜びを感じる瞬間があるのなら味合わせてあげたいとも思ったり。母親の気持ちも考えてしまって苦しいです。今までは一見元気そうだったから、まだ良かったけど、今回は入院シーンが苦しかった。これからもっと病気と向き合うシーンが多くなるのでしょうね。京本大我さんの演技をこのドラマで初めて見たのですが、自然でさりげないけれど、表情が豊かで素敵です。ファンになりました。

20代女性

一花の弟くんと先生の会話が良かったですね。あそこまで先生との会話が家族に筒抜けって、ちょっと恥ずかしいなって思ったけど、それだけ一花が先生を好きって分かったし、楽しいんだってことが伝わってきて嬉しかったんじゃないかなって思います。弟くんもやっぱりお姉ちゃんのことが大切だから、先生のせいで大変ならやめてほしいって思っちゃったんだろうけれど、その後ちゃんと考え直せるんだから、本当にいい子だなって思います。

30代女性

一花と萬木先生の想いが通じ合ってひとまず安心しました。弟の大樹は、一花にとって萬木先生が大切な存在であると本当はわかっているけど、苦しんでいる姉を見て放っておけなくてもう会わないでと言ったのと、ちょっとした嫉妬もあったのかなと思いました。でも大樹の想いは一花に幸せでいてほしいんだと感じました。いまいち踏み出せないでいた萬木先生が一花の病気を知ったことをきっかけに、自分の気持ちを素直に口にしてくれてよかったです。病気を患っている2人ですが、このまま幸せに生きていければいいのにと願わずにはいられません。

60代以上女性

病気を抱えた一花と萬木、二人の周りの人間たちの心の動きを丁寧に描き続けるこのドラマ。毎回切なくてたまらないのに、見続けずにいられません。大樹が萬木との交際に反対したのは、それが姉の病気に良くないと思ったから。姉弟の絆の深さが二人の会話からしみじみ伝わってきます。セリフがなくても表情から思いの深さが読み取れる、役者たちの芝居にも感心します。互いの存在が無二と確かめ合ったようなハグシーンに心がじわっと温かくなったラストシーン。家族との強い結びつきを感じる一花と違い、まるで家族が出てこない萬木の過去も気になります。

第7話:11月28日放送の感想・一部ネタバレあり
20代女性

思い出のトマトと約束のカレーって、本当に先生が素直になってから、二人の雰囲気がいいですね。私も毎年ミニトマト育ててるから分かるけれど、次の年になってもまだ実をつけるって本当に凄いこと。その事実を知れただけでも、先生にとっては新しい世界だったと思うし、なんだか二人の周りには奇跡が溢れているなって感じました。一花も余命が短かったことを知って、先生はまたサヨナラが怖くなってしまったんだろうけれど、一花のおかげでまた欲しい物に手を伸ばしたいと思えるようになってよかった。一花も先生の薬に慣れてるんだな。

30代女性

一花ちゃんが退院できることになり嬉しそうに「お薬帰ってきた」というシーンが素敵でした。萬木先生が育てていたミニトマトが冬を越しても育つなんて生命力だと思いました。家族の思い出のトマトのカレーを食べて過去の思い出を思い出し、少ししんみりしながらも生きる希望を見出した萬木先生の言葉が力強かったです。余命を告げられてすべて捨てようとした先生が前進できてよかったですね。一花ちゃんとの関係も進められるといいなと思いました。

50代女性

2人で買い物して、家でカレーライス作って・・・と幸せそうな姿を見るほどに胸が苦しくなってしまう。本当に2人共、命の期限がせまっているのかな?どうにかしてあげられないのかな?萬木の家族の話も切なかった。どうして、彼ばかりにこんな事が。体よりも先に心が弱ってしまう。私もそんな立場になったら、きっとそうだろうなと思う。それに比べて一花は強い。一花といると世界は温かいって言葉は、心の奥からの真実の言葉だと思いました。回を重ねるごとに、2人にすごく感情移入しちゃって泣いちゃってます。カレーライス、すごくおいしそうでした。薄い茶色がいかにも家庭のカレーって感じでいい!

60代以上女性

カレーを作る一花と萬木の優しく静かな時間。温かなひと時の中で語られた萬木の家族の話はあまりに悲しいものでした。愛したものを手放す辛さを味わったら、もう二度とこんな思いをしたくないと思うのも当然。更に病を抱えた萬木が好きだった教師を辞め、自分の心にふたをしてしまったのも無理ありません。なぜ人生はこんなにつらいのか。自暴自棄になってもおかしくないのにきちんと生活しているだけで萬木は素晴らしいと思います。けれどそんな萬木が再び教師に戻ろうと思ったラストシーン。喜びを、やりがいを感じる日々が続くよう、祈るばかりです。

30代女性

支えてくれる家族がいる一花と1人で病気と向き合っている萬木先生が対照的でした。萬木先生に感じていた闇は、家族を失った経験からくるものだとわかりました。一花への態度も先生と生徒だから距離を保ってるというより、あえて引いてると感じていました。萬木先生は自分から手放してしまえば傷つかずに済むと考えたのだと思います。しかし、一花がいてくれることで手放したものが戻ってくる奇跡を感じて大切な存在になっているんだと感じました。

第8話:12月5日放送の感想・一部ネタバレあり
第9話:12月12日放送の感想・一部ネタバレあり
第10話:12月19日放送の感想・一部ネタバレあり

束の間の一花の見逃し配信
動画視聴はこちら /

\2週間無料体験 /

初回2週間の無料期間中に解約すれば
解約金などは一切かかりません

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次