イベント

7/16(祝・月) “虹の日”舞台挨拶レポート

監督&観客からのWサプライズに佐野・中川・高杉・横浜が大感激!!
「またこの4人で」ナナイロの日に再共演を誓う

本日のイベントでは、これまで多くの宣伝プロモーションを頑張ってきた主演男子4人へ、飯塚監督よりサプライズの手紙をプレゼント!さらにこの日が最後の舞台挨拶(現状予定)ということで、飯塚監督より卒業証書の授与も行いました!
また、当日・7月16日は、日本記念日協会において認定された 「虹の日」。そんな「虹の日」にちなんで、フォトセッション時にお客さんに1色づつの7色の色紙を持ってもらい、客席を虹色に染めるキャスト&監督へのサプライズのプレゼントも!まさかのWサプライズにキャスト陣も大感激で、大盛り上がりのイベントとなりました。

上映後の会場には女性だけでなく、男性のお客様の姿も。主演キャストの4人と監督が登場すると、会場には大きな歓声と拍手が沸き起こりました。

まずはじめに、キャストと監督より一言ずつご挨拶いただきました。
佐野さんは、「映画が公開してしばらく経ちますが、こうやってたくさんの方にご来場いただきうれしいです。たくさんの人に届くように、今日は映画の魅力を引き出して話せたらと思います。」、中川さんは「このメンバーで舞台挨拶に立つのも最後かと思うと寂しいですが、楽しんでいただけるように頑張りたいと思います。」、高杉さんは「前回の舞台挨拶から9日ぶりに、またここに立つことができて、嬉しいです。映画の見所をたくさん話せたらと思います。」、横浜さんは「今日でこのメンバーで集まるのも最後だと思うので、楽しみたいです。みなさんに満足いただけるような時間にしたいと思います。」とコメント。
そして飯塚監督は「こうやってまたみんなで舞台挨拶ができて嬉しいです。最後かと思うと寂しいですね。今日はあまり普段できない話もしたいと思います。」とコメントしました。

本日は、大阪で4回の舞台挨拶を終え、東京に駆けつけた4人。
佐野さんは大阪の感想を「関西パワーがすごくて、本当に楽しかった。朝の9時から映画を観てくださった方もいて、ありがたいです」と語り、中川さんも「感想を直接聞けたのが良かった」と振り返りました。

ここで、映画公式ツイッターで募集した全国のお客様からの質問に、キャストと監督が答えることに。
Q1:撮影中、一番笑ったエピソードは?
撮影中は多くのエキストラさんのご協力のもと行われ、中にはキャラの濃い方もいたそうで、横浜さんは「文化祭の準備をしているシーンで、段ボールで作ったカメラでずっと写真を撮っている方がいて(笑)」飯塚監督も「思いのほかグイグイきて、危うくNGになりかけました(笑)」と語り意外な爆笑エピソードを明かしました。また、中川さんは滝藤賢一さん演じる田渕先生との共演シーンがお気に入りだそうで、「実際にいた数学の先生に田渕先生が似ていて(笑)いつもお調子者が怒られてしゅんとしているのが、学生あるあるでおもしろかったです」と語りました。

Q2:あまり目立たないけど、注目してほしいシーンは?
「恒松さん演じるまりが、本屋を出ていくところ」と即答するのは佐野さん。「男女がいちゃついている横を、咳払いしてまりが通り過ぎるんですが、僕もわかるなって思って。お気に入りです!」と答えると、中川さんは「屋上で4人がカップラーメンを食べるシーンです!」と答え、「恵ちゃんだけ一人焼きそばを食べているんですが、湯切りした後にふたの裏についたかやくをぺちぺち落とすんですよ」この細かな演出は、横浜と飯塚監督が話し合いの末に生まれたようで、飯塚監督は「わんぱくなやつはああやるんですよね。」と、本作には学生“あるある”が満載!

Q3:今高校3年生で、進路に悩んでいます。みなさんは、芸能界ではなかったら、どんな職業についていましたか?
佐野さんは「小学校からダンスをやっていたので、ダンスを教える先生になっていたかもしれないですね」と語り、中川さんは「建築とか、建物のデザインに興味がありました」とコメント。また、高杉さんは「僕は幼稚園の先生と、レスキュー隊になりたかったです」とギャップを明かすと、みんなから「全然違う職種じゃん(笑)!」とツッコミが。横浜さんは「父の影響もあって大工か、空手家ですね。今も空手の世界で活躍している同世代がいるので、応援しています」と語りました。

また、ここまで走り抜けてきたキャストの4人へ、飯塚監督からお手紙をプレゼントするサプライズが!まさかの展開に4人も驚きを隠せない様子。撮影前のリハーサルから4人を一番近くで温かく見守ってきた飯塚監督。それぞれの背中を押す言葉に、キャスト陣は涙を浮かべながら、真剣な表情で、その一言一言を噛みしめます。飯塚監督は最後に「できれば4人でまたやろう」と再共演を誓いました。キャスト陣も「ありがとうございます」と感謝を込め、佐野さんは「また4人で集まれるよう、それぞれの道で頑張りたいと思います」と新たな思いを語りました。

そして、予定している舞台挨拶は本日が最後ということで、飯塚監督より、一人ずつ卒業証書を授与していただきました。「まだ卒業したくない!」としんみりするキャスト陣ですが、卒業証書をよく見ると、【仮】と書いてあることが判明!

さらに、ここで韓国・台湾での上映が決定したことが発表されました!!日本から世界へと、虹色旋風が止まりません!まだまだ夏休みに向けて、キャストの皆さんに頑張っていただこうということで、これにはキャスト陣も嬉しい気持ちを隠し切れない様子でした!

最後に、佐野さんより「初主演ということで、この作品に携われたことは、僕の人生にとって、とても大きなことでした。17歳という一番色んなことを経験する年に戻って、一緒に色々なことを経験することができました。人生は何が起こるかわからないけど、一つの考え方を見い出せたと思っています。それぞれが成長して、また皆さんに誇ってもらえるような人になって戻ってきたいと思います。引き続きこの映画を届けていきます。本日はありがとうございました。」と挨拶がありました。

ここで、キャスト陣にもう一つサプライズが!7色のパネルをもった観客が会場に鮮やかな虹を作り出し、キャストと監督と共にフォトセッションを行いました!公開してもなお、薄れることのないキャストと監督の強い絆が垣間見られる大盛り上がりのイベントは幕を閉じました。